開院祝いにも胡蝶蘭ギフト

病院の開業祝いに何を贈ったらよいか迷いますよね。
そんな時は胡蝶蘭を贈る事をお勧めします。
胡蝶蘭は開店祝いや開業祝いの定番ともいえる贈りものですが、昔から喜ばれる品として人気があります。

そもそもなぜ胡蝶蘭を開業祝いに贈るのが良いのか、それには理由があります。
胡蝶蘭の花言葉は「幸福を運んでくる」という意味があります。
まさにこれから新しくスタートする方へピッタリの花言葉ですね。
お客様を呼び込んで発展を祈ると言った意味が込められています。

そして何と言っても胡蝶蘭は見た目が豪華で美しいですね。
新しい門出を祝うと共に新しい病院の彩りとなってお客様を迎えてくれます。
普段中々触れる機会が無い豪華なお花だからこそ、開業祝いとして喜ばれるのです。

貰う側にとっても良いのが、手入れが少なくて長持ちするという事です。
すぐに萎れてしまう心配はないのでそのままにしておいても長い期間楽しめます。
開業時は何かと忙しいので手がかからないお花はピッタリですね。

では開業祝いの胡蝶蘭はどのタイミングで贈ったらよいのでしょうか。
開業日当日までに間に合わす事、これがまず絶対条件です。
開業日当日は先方も何かとバタバタして忙しいので出来れば前日までのお届けできるように手配を済ませましょう。

前日にお届けする場合は先方が受け取り可能かを確認して、再配達になってしまわないようにします。
再配達になると当日までに間に合わなくなってしまう恐れがあります。
そしてやはり胡蝶蘭は生花なのでできるだけ確実にお届けできるようにしておきたいです。
前日までにお届けできれば先方もセッティングの場所などを考えやすいという理由もあります。

病院の開業祝いでしたら白の胡蝶蘭がお勧めです。
白は清純の花言葉の通り清潔感がありますし病院の雰囲気にも合っているので贈られる方が多いです。
逆に赤色は血の色を連想させるので避けた方が無難です。

胡蝶蘭の相場としては1~4万円のクラスが一般的です。
これは相手との関係性にもよって変わってきます。
知人や親せきに贈る場合は1万円の胡蝶蘭でも大丈夫ですが、取引先に贈る場合は3万円クラスの胡蝶蘭が相応しいですね。

花の本数でいえば3本立てが一般的ですが、相手との関係性によって5本立てへと上がっていきます。
胡蝶蘭は花屋さんで扱っていますし、ネット販売でも取り扱いがあります。
お店によって胡蝶蘭の雰囲気も変わってくるので、色々見て贈るのにぴったりな胡蝶蘭を選んでみてください。

おすすめサイト
胡蝶蘭ギフトの贈り方 | 初めてでも失敗しない胡蝶蘭ギフトの贈り方